赤ちゃん用品

出産祝いの参考に|ママや赤ちゃんが喜ぶアイテム

赤ちゃんの誕生を祝うには

服

贈る時期や値段

出産祝いを贈りたいけれどどんな物が喜ばれるのか、いつごろ渡せば良いのか、値段の相場はどのくらいなのか悩むポイントはたくさんあります。まず送る時期ですが、一般的には生後7日からお宮参りをするまでの生後1ヵ月の間とされています。しかし生後7日というのは退院した直後ですし、人によっては入院が長引いてまだ入院中の場合もあります。退院直後は赤ちゃんとの生活に慣れず、寝不足で疲れきっているお母さんが多いですので、「無事に出産、退院しました」と報告を受けた後、体調の状態を伺ってから渡すのが相手の為になります。相手の体調が優れないようであれば、品物は郵送して後日体調の良くなった時に訪問しましょう。もし出産祝いを渡すのが遅くなってしまったという場合ですが、一般的には生後1ヶ月頃ぐらいに出産した側は内祝いの準備を始めます。ですので遅くなってから出産祝いを渡すと、相手に内祝いを買い足す手間を与えてしまう可能性があります。出産祝いを渡しそびれた場合、1歳のお誕生日を待って贈り物をするのもひとつの方法です。次に値段の相場ですが相手との関係や親しさで幅があります。友人であれば5000〜10000円程度、ママ友などであればお互いに気を使わない範囲の1000〜5000円程度に収めておく方が良いです。親戚へは家族間である程度の金額のルールがある場合があるので、聞いてみましょう。赤ちゃんグッズを見ると可愛らしくてついつい色んなものを買いたくなることがありますが、相手もお返しをしなくてはならないので負担にならないよう注意が必要です。

内祝い

お返しのマナー

出産祝いのお返しとして出産内祝いを贈りますが、相手に失礼がないよう金額や内容などのマナーに気をつけましょう。金額は出産祝いの3分の1から2分の1程度、内容は相手の趣味や嗜好に合わせたもの、早めにお返しすることとのしも忘れずつけましょう。

おもちゃ

子供の想像力をかき立てる

木のおもちゃは、手触りに温かみがあり、自然素材なので小さいお子さんにも安心して与えることができます。想像力をかきたてて遊ぶことができ、シンプルな形のものが多いので色々な遊びの可能性を広げ、長く愛用できる点が人気の秘密です。

赤ちゃん

出産内祝いの選び方

出産祝いを頂いたら、半額程度の金額を目安に、出産後1ヶ月を超えた頃にお返しお送りします。出産前にカタログなどを取り寄せたりして準備を進めておきましょう。出産祝いのお返しでおすすめなのは、いくつあっても困らない日用雑貨や日持ちのする食品です。